経営

起業・独立で失敗しないために重要なこと【連続起業家が語る】

起業・独立で失敗しないために重要なこと【連続起業家が語る】

起業・独立してやりたいことにチャレンジ出来ることは魅力的ですよね。でも「失敗したら」と思うと躊躇してしまいます。この記事では起業・独立で失敗しないために重要なことをまとめました。起業・独立で一日でも早く軌道に乗せるためにも、本文を読んで成功の最短ルートを手に入れましよう。

起業・独立で大事なことは顧客>金>商品

起業・独立で成功の可能性が非常に高い人はこの三つが揃っている人です。

顧客

コストをかけずに呼べる見込み顧客がどれほどいるかで起業の成功率は大きく変わります。事業内容にも寄りますが、呼んだ見込み顧客の5~8割は来てもらえるでしょう。ただし、その後も継続してきてくれるかどうかは商品次第になります。

事業を継続するにはお金がかかります。お金がなくなると事業を継続することが出来ません。固定費は出来る限り減らしましょう。最初から正社員を雇うことも辞めた方が良いです。何をする時も、一回目よりも二回目の方が上手くいきます。お金がどれだけ使えるかでチャレンジできる回数が決まります。

商品

新規顧客をどれだけ増やしても商品が悪いと口コミは広がりませんし、リピートもしてくれません。新規顧客を集め続けなければいけないので、事業が安定しません。商品は良い口コミが広がったりリピートしてくれるものを用意しましょう。

 

見込み顧客と潤沢なお金と良い商品を用意出来れば起業の成功率を格段と上げることが出来ますがハードルは高いです。高いハードルを越えるための解決法は以下の通りです。

解決法
  • 見込み顧客がいないのであれば、効率的に増やせるウェブ集客を学びましょう
  • お金がないのであれば、オフィスや人件費を出来る限り削るなど財布の紐を固めましょう
  • 良い商品がないのであれば、既に商品を出している会社に売らせてもらえるよう交渉に行きましょう

ウェブ集客でオススメするのはブログを使った集客です。詳細は新規顧客獲得【低予算で効果絶大の集客方法!誰でも出来ます】で紹介しています。

 

起業・独立で超大事な失敗しないポイント

事業が成功するかどうかを大きく左右するのはお金と時間の使い方です。お金と時間の使い方を間違えてしまうと、成功する可能性が急低下してしまいます。

何にお金と時間を使うか

仮に今あなたが行っている事業が失敗して、再度事業を立ち上げる時でも役に立つことにお金と時間を使いましょう。広告を出して上手くいかなかった時に「広告を出しても上手くいかない」という経験を得ても何の意味もありません。上手くいかないことはありません、上手くいく方法を知らないだけです。上手くいく方法は、本質から遠ざかれば遠ざかるほど、変化が激しいのです。

成功の秘訣は自分で手に入れる

「どういう広告を出せば上手くいくのか」を考えながら広告を出せば、あなたの経験は財産になります。どういう言葉を使うべきか、写真はどんな写真が良いのか、何をアピールしたら良いのか、考えなければいけないことは沢山あります。何からやればいいのか分からないという方は最初の一回は誰かにお願いしても良いかもしれませんが、二回目以降は自分で出来るように、やり方を教えてくれる人にお願いしましょう。

集客は人にお願いしない

「集客は代理店にやってもらうから大丈夫!」とか「広告を出せば新規顧客が来てくれる!」と他人の言葉を信じることは辞めましょう。集客とはビジネスを継続する上で一番重要なことです。集客を人任せにして成功することも少なからずありますが、どれだけお金を払っても他人が責任を取ることはありません。全ての責任は、他人に任せるという経営判断をしたあなたの責任になります。集客は必ず自分が主導権を握って行いましょう。

どうしても自分で出来ない場合は、人に頼むしかありませんが、集客を全部お願いしてしまうと、失敗した時にあなたの経験が残りません。相手から集客のノウハウを学び、あなたも必ず実践しましょう

 

オススメ起業・独立

出来る限りお金をかけずに事業を進めましょう。「良い商品を作れば売れる」というのは勘違いです。売る力を身に付けましょう。例えば、美容商品を作りたい場合、あなたがイメージしているものと似ている商品を売りましょう。この時、在庫を持ってはいけません。在庫を持てば、あなたは赤字を出す可能性があり、赤字を出せば事業を継続できなくなるリスクが高まります

在庫を持たずに販売していくことで、お金をかけずに事業を進めることができます。そうすることで何度も失敗を繰り返しながら正解を見つけることが出来ます。

 

起業・独立失敗を避けるためにはメンターが必要です

メンターとは良き助言者のことです。起業すると、あなたにはいくつもの試練が訪れます。そして多くの間違いを犯すことでしょう。それが初めての起業というものです。メンターが近くにいれば相談することが出来ます。初めての起業でも間違いを犯しづらくなるので、メンターがいるかどうかは起業の成功率に影響を与えます。

では、どんな人のアドバイスを聞くべきなのでしょうか。

メンターの条件
  • 起業を経験して、様々な問題に直面したことがある人
  • 自分自身を常に正しいと思っていない人

この2つが条件になります。

起業経験者

起業を経験していない人のアドバイスは聞く必要がありません。「起業を見てきた」とか「ビジネスの先輩」も起業の成功には関係ありません。もし周りに起業を経験したことがある人がいなければ、社員数が5人以下の会社で働いている人から話を聞くと良いです。大企業に勤めている人の話は役に立ちません。なぜならば会社の看板だけでどれだけ簡単に仕事を取れるか分かっていないからです。必ず起業を経験した人に話を聞きましょう。

柔軟性

事業を成功に導くために考えなければいけない事は沢山あります。その全てでプロフェッショナルであり続けることは不可能ですし、その内の一つでもプロになることは難しいです。なぜならビジネスを成功させるためにやるべきことは、常に変わっていくからです。自分のやり方が正しいと思う人のやり方は本当に正しいのでしょうか。

10年前にラーメン屋で成功した人が今、全てのツテやコネを捨てて新規にラーメン屋を出したら成功するでしょうか。成功する可能性は低いです。なぜなら10年前にラーメン屋で成功した理由は、その時のブームや評価に乗ることが出来たからです。いま成功させるためには、今のトレンドに乗ることが必要です。10年前に成功したラーメン屋のスープも麺も、今やありきたりなものになってしまっています。

自分の考え方に固執せず、柔軟性を持った人にアドバイスを求めましょう。

 

最後に

僕はいくつもの会社を立ち上げては、何度も失敗を経験してきました。失敗することは決して悪い事ではありません。ですが同時に、しなくても良い失敗も沢山あるという事を学びました。初めての起業で成功することは難しいですが、ここに書いてあることを実践できれば成功に大きく近づくことが出来ます。

起業・独立に悩んでいる人はこの記事を参考に、自分のビジネスについてもう一度考えてみましょう。集客をどうしたら良いのかと考えている方には低予算で出来る新規顧客獲得法の記事をご覧ください。