集客

売れる仕組み作り!ウェブの強大な集客力を最大限に引き出そう

売れる仕組み作り!ウェブの強大な集客力を最大限に引き出そう

売れる仕組み作りって聞いたことあるんですけど、そんなに上手くいくんですか?
売れる仕組みなんて、本当にあるんですか?

という質問にお答えします。売れる仕組みが出来れば誰でも嬉しいでしょう。でも「そんな都合の良いこと本当にあるの?」と疑問に思いますよね。売れる仕組みとは、ウェブの強大な集客力を使って、待つだけで商品が売れる集客戦略を仕組み化したものです。実際に売れる仕組みを作って2,000万円以上の利益を出した僕が、売れる仕組みについて解説します。もちろん無料で読めるので、ぜひあなたの集客に取り入れてください。売れる仕組みを作って効率よく売上を伸ばしましょう!

売れる仕組みとは

まず初めに売れる仕組みの概要をお見せします。

売れる仕組み作り、認知フェーズではブログとSNS、信頼構築&欲求増幅フェーズではLINE@とSNS、クロージングフェーズではブログとLPが有効です

売れる仕組みには3つのステップがあります。

売れる仕組み3つのステップ
  • 認知
  • 信頼構築&購入欲求増幅
  • クロージング

売れる仕組みを作るためには、それぞれのステップ毎に適した集客ツールを選ばなければなりません。今回はこの3つのステップでやるべきこと、そして使うべきツールを紹介します。

 

売れる仕組み:Step1【認知】

まず初めに自分を知ってもらう必要があります。とはいえ、ただ知ってもらうだけではダメです。よく第一印象が大事だと言いますが、ウェブ集客も同じです。まずは【あなたが見込み客にとって役に立つ存在】ということを知ってもらいましょう。これが出来ないと見込み客はあなたの前を素通りしますし、あなたが伝えたいことも見込み客に伝わりません。

この【認知】のために使うツールがブログとSNSです。ブログとSNSは見込み客の流入経路が違うので、沢山の見込み客を集めたければ両方使いましょう。どちらも【あなたが見込み客の役に立つ存在】であることを知ってもらうために、役に立つ情報を発信していきます。

ブログやSNSはあなたを知ってもらうためのきっかけとなるツールです。ブログやSNSを使いこなせれば、あなたの商品やサービスを沢山の人に知ってもらえます。

ですが、見込み客をどれほど集めたところで、商品がすぐに売れる訳ではありません。集まったお客さんに商品を売るには「信頼」してもらう必要があります。次のステップ【信頼と欲求】に進みます。

 

売れる仕組み:Step2【信頼と欲求】

Step2では二つの目的があります。【信頼と欲求】それぞれ順番に解説します。

信頼を獲得する

認知してもらった次にあなたがすべきことは【あなたが信頼できる人】であることの証明です。とはいえ自分の事を「信頼できる人です!」とどれだけアピールしても、信頼してもらう事は出来ません。信頼を獲得するために大切なことは【誠実であり続けること】です。「嘘をつかない」や「約束を守る」という姿勢を顧客に見せ続ける必要があります。何度もコミュニケーションを取っていくことで自分への好感度を上げていきましょう。

 

欲求を増幅させる

ここで定義する欲求とは【あなたの商品を購入した時に得られる未来に対する欲求】のことです。

例えば、あなたはペン字の練習帳を売っているとします。この商品を売る時に「字をうまく書けるようになりましょう」という宣伝をしてもあまり売れません。商品を売る時には、その商品を購入した後に得られる未来を用意する必要があります。なぜならば、あなたの商品を購入する顧客はあなたの商品を通じて得られる未来」を手に入れたいと思って購入に至るからです。「字が綺麗になりたい」という欲求には、必ず理由があります。そのため宣伝する時は「綺麗な字が書けるようになれば女の子にモテます!」のように、あなたの商品を購入したら得られる未来を提供します。これをマーケティング業界では【ベネフィットを売る】と言われています。

 

信頼を獲得&購入欲求を増幅

信頼を獲得し購入欲求を増幅させるためには、顧客が継続的に情報をキャッチできる状況を作る必要があります。そのため継続的に情報を発信することに強みがある集客ツールを使いましょう。オススメの集客ツールはLINE@とSNSです。自分を認知してもらう時にSNSを使用していれば、そのまま継続してそのアカウントを使いましょう。ただし、欲求を増幅させる行為は宣伝色が強くなるのでLINE@へ誘導しても良いです。

もしブログしか使っていない場合は、他のツールとの組み合わせを考えましょう。ブログは万能ですが、唯一の弱点が再訪されづらいことです。ブログだけで商品を売るよりも、LINE@やSNSと組み合わせ常に情報を発信し、顧客の身近な存在になると商品が段違いに売りやすくなるので、ぜひ挑戦してみましょう!!

 

売れる仕組み:Step3【行動】

信頼を獲得したら、最後に見込み客には行動を起こしてもらい【商品を購入もしくは問い合わせ】をしてもらいましょう。見込み客に行動を起こしてもらうには、ブログやLPで「商品を買いたい!」という気持ちを高める必要があります。低価格な商品であれば、SNSのみでも売れますが、高額な商品を売るのはSNSのみだと非常に難しいです。そのためブログやLPなど制限なく自由に書けるツールが必要になります。

商品を購入してもらうには、見込み客のニーズを呼び起こして、購入に至るまでの不安を取り除いてあげましょう。文字数に制限があるツールだけで行動を起こさせることは難しいので、ブログを使って見込み客に行動を促しましょう!

 

売れる仕組み=読者の気持ちを動かす仕掛け

売れる仕組み作り、認知フェーズではブログとSNS、信頼構築&欲求増幅フェーズではLINE@とSNS、クロージングフェーズではブログとLPが有効です

売れる仕組みとは読者の気持ちを動かす仕掛けのことです。【どうすれば読者の気持ちを動かすことが出来るのか】を考えて、それぞれの目的に合ったツールを使いましょう。売れる仕組みが出来上がれば、集客について悩むことも無ります。

 

売れる仕組みのまとめ

売れる仕組みのまとめ
  • 売れる仕組みには【1:認知】【2:信頼構築&購入欲求の増幅】【3:クロージング】の3段階あるのでそれぞれの目的にあった集客ツールを使いましょう
  • ブログとSNSは複数の場面で使えるので迷ったらこの組み合わせで始めましょう

 

最後に

売れる仕組み作りは簡単ではありません。細かくターゲットを決めたり、買ってくれる人の目線で考えたりと色々大変です。ですが、11度売れる仕組みを作ってしまえば集客効果は何倍にも膨れ上がります。

「売れる仕組みなんて本当に作れるの?」という疑問が浮かぶかもしれませんが、答えは「YES」です。現在僕はwebディレクターをしていますが、この売れる仕組み作りを確立し、成果を挙げている企業がいくつもあります。売れる仕組み作りは面倒ですが、自分で作れる仕組みなので是非チャレンジしてみてください!

集客には多くのノウハウが必要です。どのように集客したら良いのか迷わないように、集客に必要なノウハウは全て集客マニュアル完全保存版!にまとめています。