仕事

ビジネスマンにオススメの漫画5選!面白く学べて心打たれる!

ビジネスマンにオススメの漫画5選!面白く学べて心打たれる!

勉強するほどモチベーションは上がってないから楽しい漫画を読みたい時ってありますよね。でも勉強しなきゃという後ろめたさも解消したい。そんな時こそ勉強になる漫画がオススメです。僕が読んだ中で、どの漫画も多くの学びや気付きがあり、仕事へのモチベーションも上がる作品です。楽しさと学びが共存している最高の漫画を厳選して5つ紹介します。

GIANT KILLING

主人公がサッカー監督の大人向け漫画です。Giant killingとは番狂わせという意味で、主人公は弱小チームの監督として強豪相手に勝利できるサッカーチームを作っていきます。若者だけが成長するのではなく、「いくつになっても諦めない気持ちと向上心があれば成長できる!」と教えてくれます。さらに、選手以外の視点からもサッカーを表現し、成長・覚悟とは何かを考えさせられます。

漫画としての面白さは勿論、監督と選手のやり取りを通して、チームビルディングやモチベ―ションのマネジメントを学べる、とても素晴らしい作品です。

 

勇牛

主人公が交渉人の漫画ですが、麻生太郎元総理が「外交を語るなら『勇午』を読まなければ駄目だ」と語るほどの作品です。徹底した取材を元に書かれているので、様々な国の歴史や文化・国同士の紛争などがリアルに描かれていて面白いです。社会派でありながらサスペンスの要素もあるので、知識がある人こそ面白みを感じる漫画になっています。喧嘩や武力はなく、思考の深さや意志の強さで苦境を跳ね返す主人公に魅了されながら、交渉人がどのような思考で、どのように駆け引きしているかが学べます。

 

東京トイボックス
大東京トイボックス

ゲーム制作会社を舞台にした漫画です。ゲーム制作の現場やゲーム業界全体が抱えている問題について深く切り込んだ作品となっています。

社会人であれば納期と品質の向上を天秤にかけたことがあると思います。僕はついつい納期を言い訳にして品質の向上について妥協することがありました。利益や効率を取るのか、自分の作品に対するプライドを取るのか。主人公はいつだって品質の向上を選んで、とことん突き詰めていきます。僕はその主人公の姿に胸が打たれました!

東京トイボックスの続編が大東京トイボックスになっているので、東京トイボックスから読まれることをオススメします。

 

蒼天航路

三国志の曹操孟徳が主人公の漫画です。この漫画は経営者によくオススメされているのですが、オススメされているのにはちゃんとした理由があります。この漫画では英雄とは何か、政治とは何か、人が人を支配するとは何か、人が人に従ってしまう理由とは何かなど、帝王学や経済学が山のように詰め込まれている作品です。日本では三国志演義という作り話が有名ですが、蒼天航路は中国が正式に認めている正史を元に書かれています。会社経営者は勿論、マネジメント職を目指している人に非常にオススメです!

 

サンクチュアリ

2人の主人公が、日本の腐敗した政治体制を変えるために政治とヤクザの世界で登りつめていくという物語です。多くの有名人・経営者が影響を受けた漫画として最も選ばれている名作です。説明不要です!まだ読んでいない方は是非読んでください!

 

 

最後に

今回オススメした漫画は、山ほどある中から厳選した5つです。忙しい皆様は漫画を読む時間をなかなか取れないと思いますが、移動時間の気分転換などに是非読んでください!