集客

アフィリエイターとはどんな仕事?現役アフィリエイターが語る

アフィリエイターとはどんな仕事?現役アフィリエイターが語る

アフィリエイターってよく聞くけど実際どういう仕事なの?
アフィリエイターってどうやってお金を稼いでいるの?

という疑問にお答えします。簡単に誰でも始められることで知られるアフィリエイターですが、アフィリエイターの具体的な仕事内容や収入などはあまり知られていません。実際のところ仕事や収入はどうなの?とあまり知られていないアフィリエイターの実態について解説します。最後まで読んで頂ければ僕の収入も公開しています。

アフィリエイターの仕事とは

アフィリエイターの仕事を一言で言うと【インターネット上で読者に行動を促すこと】です。

インターネット上で促す行動の例
  • 商品を購入してもらう
  • 広告を見てもらう
  • 無料会員登録してもらう

などなど企業の代わりに宣伝を行うのがアフィリエイターの仕事です。アフィリエイターになるために特別な資格もお金も要りません。そのため失敗してもリスクが無く、誰でもなれる仕事です。そのため不労所得と良く言われますが、2019年12月現在、放っておくだけで収入が得られる何てことはほとんどありません。なぜなら、アフィリエイト広告を載せた記事を書いてもGoogleの検索結果で上位に入らないと記事のアクセスは増えません。さらに検索した時に1ページ目に表示されるのは10記事だけなので、キーワード毎に席数は限られています。

僕がアフィリエイターとして稼いでいた時は、朝から晩までパソコンに向かって作業をしていました。だんだん書くことも減っていき、皆が興味を持つことを調べたり、本を読んだりして書くことをひねり出していました。アフィリエイターは自由に生活が出来るだけで、働かずに稼げるなんてことは決してありません。

 

アフィリエイトの種類

アフィリエイターが稼ぐ方法は大きく分けて2つあります。それぞれ解説します。

成果報酬型アフィリエイト

成果報酬型アフィリエイトは商品を購入してもらったり、会員登録してもらうタイプのアフィリエイトです。

成果報酬が発生する例
  • 商品を購入する
  • 資料を請求する
  • 会員に登録する

このような行動を読者に促すことが出来れば、成果報酬としてアフィリエイターに報酬が入ってきます。アフィリエイターは扱う商品毎に、どのように宣伝すれば読者が行動してくれるのかを考えて宣伝します。アクセスが少なくても利益を出しやすいアフィリエイトです。

 

クリック保証型アフィリエイト

広告ページのリンクをクリックしたら報酬が貰えるアフィリエイトです。Googleアドセンスというサービスを利用すると、Googleが読者の行動履歴を見ながら出す広告を決めているので一定割合でクリックされます。クリック保証型アフィリエイトは読者の行動を促す必要がないので、初心者でも始めやすいアフィリエイトですね。ですが、クリック保証型アフィリエイトは一定数クリックされるというメリットがある一方で、1クリック当たりの単価が安いので読者が沢山いないと大きな報酬を得るのは難しいです。

 

成果報酬型アフィリエイトとクリック保証型アフィリエイトで、どちらが良いとは一概には言えないのですが、アフィリエイト上級者は組み合わせている人が多いです。それぞれの良さがあるので、どのタイミングでどちらのアフィリエイトを使うかはアフィリエイターの判断になります。

 

アフィリエイターブログの種類

ほとんどの人がワードプレスを使って有料ブログを始めています。無料ブログだとアフィリエイターになるうえで不都合なことが多いので、アフィリエイトで稼ぎたい人は有料ブログで始めましょう。有料といっても全ての費用を含めても始めるまでに数千円しかかかりません。

ほとんどのアフィリエイターはワードプレスを使っていますが、アフィリエイター毎に書くブログの内容は違います。どんなブログを書いているかを3つ紹介します。

トレンドブログ

ニュースや新商品などについて書くブログです。競合がいないので、いち早くブログを書くことでアクセスを集めることが出来ます。始めたばかりのブログでも上位を取りやすいというメリットがある一方で、トレンドが去ると読者の数が急減するというデメリットもあります。さらに興味本位で調べる人が多いので、成果報酬型アフィリエイトには向いていません。常に最新の情報を書き続けていれば「この人のブログを見ていれば、常に情報をキャッチできる!」と思われ、読者が増えていくかもしれません。

 

雑記ブログ

明確な話題を決めず、様々な話題を書いていくブログです。非常に書きやすいブログではありますが、読み手としてはカレーの話をしたかと思えば税金の話になって、読み手が続きを読みたくなるブログではありません。このブログは、これから自分をブランディングしていくというプランがある方か、SNSであなた自身にファンがついている方であれば、始めることをオススメします。今から雑記ブログを始めてGoogleの検索上位に立つことは非常に難しいです。雑記ブログを始めて稼ぐ道筋が考えられない場合は、次に紹介する特化ブログを始めましょう。

 

特化ブログ

何かの話題に特化したブログです。例えば時短で簡単レシピを毎日更新しているブログや、保険について海外の保険と日本の保険を比較しているブログなど、1つの話題又は、それに関連する話題に特化しているブログです。特化ブログはメリットが多いです。

特化ブログのメリット
  • Googleの検索上位に立ちやすい
  • 専門性が高まるので信頼を得て、商品を勧めやすい

沢山記事を書いても読まれないとアフィリエイト収入は貰えません。アフィリエイターブログを書くうえで検索上位に立ちやすいことは強力なメリットですね。具体的にどうやってアフィリエイト収入を得るか決めていない人は、まずは特化ブログで始めるのがオススメです。

 

広告運用型ブログ

広告を出して自分のブログに誘導し、成果報酬型アフィリエイトに繋げるブログです。広告費用がかかるのでアフィリエイト初心者にはオススメしません。広告費を払ってもそれ以上の利益を手に入れる自信があるアフィリエイト上級者がやる手法です。アフィリエイトを始めたばかりの方は、まずブログを継続して書くことで検索上位に立てるように頑張りましょう。【ブログで狙った商品を売る方法】を実践できるようになってから、広告運用型ブログを検討すると良いです。

 

アフィリエイターって簡単に稼げる?

以下の画像はアフィリエイトマーケティング協会が出している2019年のアンケート結果をまとめたグラフです。

本業にしても差し支えない20万円以上の収入を得ているアフィリエイターは16.9%でおよそ6人に1人です。アフィリエイターとして生計を立てていくのはとても簡単と言えるレベルではないですね。そのため副業としてアフィリエイターをしている人が多いです。

一方、誰でも簡単に始められる仕事なのに、全体の6.7%が月収100万円を超えているという事実も見逃せません。僕はアフィリエイターを始めて一年で年収2,000万円を達成しましたが、試行錯誤して結果が出ない期間もありました。アフィリエイターを始めてすぐに上手くいくことは珍しいケースですが、月収100万円以上を目指したい人にとってアフィリエイターは挑戦し甲斐がある仕事でしょう。

 

アフィリエイターでスキルアップできること

アフィリエイターとして稼げるようになるということは、ウェブ上で商品を売るためのノウハウを得るということです。企業の宣伝やPR活動は現実世界ではなくインターネット上に年々シフトしています。そのため、ウェブ上で商品を売るスキルを持っている人は多くの企業に求められています。自ら企業に売り込まなくても、ウェブディレクターや集客コンサルタントとして働いて欲しいという依頼が企業から来ます。

【ウェブ上で商品を売るスキル】は非常に強力です。これからも確実にニーズが高まるスキルです。

 

アフィリエイターの仕事のまとめ

今回は、アフィリエイターという仕事の内容を正直に書かせていただきました。ターゲットをきちんと絞り記事を継続して書いていければ、そんなに難しい仕事では無いですし、時間も自由に使える仕事なので非常に魅力的な仕事です。ですが、楽して稼げる仕事では無いですのでそこを履き違えないようにしましょう!本日ご紹介したアフィリエイターの仕事内容のまとめです。
アフィリエイターの仕事のまとめ
  • インターネット上で企業の代わりに宣伝をする仕事
  • 成果報酬型とクリック保証型がある
  • トレンドブログ、雑記ブログ、特化ブログ、広告運用型ブログがある
  • 6人に1人が月収20万円以上
  • 15人に1人が月収100万円以上

 

最後に

アフィリエイターとは企業の代わりに宣伝をする仕事です。アフィリエイターになりたい人も増えて競争も以前より厳しくなっていますが、アフィリエイトの市場規模も大きくなっています。アフィリエイターは必ず稼げるわけではありませんが、アフィリエイターになるために元手も要りませんし特別なスキルも要らず、副業としてもいつでも始めることが出来ます。アフィリエイターという仕事が気になる方はアフィリエイターに向いている人で解説しています。

ちなみに僕の年収は1,000万円以上です!証拠画像付きで公開しています。